こんにちは! 散歩人しょーんです。

 

ものごとの対象法、解決方法についてのレイヤー分けについて簡単にご紹介させていただきます。

 

ものごとの対処法には、

ものごとそのものの現場の解決と、それの上位の概念の解決、両方ともあるように思います。

 

例えば、「傘をさす」で言うと、雨に濡れないため、

雨に濡れないのは、身体が冷えるため、髪や服やカバンが濡れるため、

そうすると、身体の冷えを抑えたり、濡れない髪を整える技術、濡れない服やカバンをつくる技術があれば、

雨に濡れてもいいことになり、傘をさす必要がなくなります。

 

これをもっと続けていくと、

なぜ身体が冷えたくないのか →風邪をひきたくない、

なぜ風邪をひきたくないのか →健康でいたい、

なぜ健康でいたいのか →健やかで幸せな人生を送りたい

 

はい、繰り返すとすべてのニーズは、だいたい「幸せに生きたい」につながります。

 

この思考でものごとを整理してみると、

どのレイヤーに対して、アクションをとればいいのか考えることができます。

(システム設計思考法(ワークデザイン法)の一種です)

 

・傘は濡れないため

・電車は移動するため

・服は保温のため(マナー、ファッションのためもありますが、、)

・冷蔵庫は食品を冷やすため

 

なんのためにこれらをするの?

・傘は濡れないため

└濡れると身体が冷えるため

・電車は移動するため

└会社のデスクに向かうため

・服は保温のため

└人の体温調節機能には限界があるため

・冷蔵庫は食品を冷やすため

└食品の温度があがると、悪くなるため

 

そうすると、一個上位レイヤーの解決方法だと

・傘は濡れないため

└濡れると身体が冷えるため

→解決案①身体が冷えないような身体つくりをする(薬、治療、訓練)

・電車は移動するため

└会社のデスクに向かうため

→解決案②会社に行かなくても働けるような仕組みつくりをする(家で仕事する、会社で仕事をする、そういう仕事につく)

・服は保温のため

└人の体温調節機能には限界があるため

→解決案①身体が冷えないような身体つくりをする(薬、治療、訓練)

・冷蔵庫は食品を冷やすため

└食品の温度があがると、悪くなるため

→解決案③温度があがらないような、あがっても雑菌がわかない食品をつくる、環境をつくる(食品の改良、保存環境の改良)

 

となるわけです。

 

最下位レイヤーのニーズ(目の前の問題)を解決するのも、

最上位のレイヤーのニース(個人の幸福)を解決するもの、どちらも大切なことです。

 

なにかに対して問題解決する際には、

その事象の一個か二個上のレイヤーのニーズまで見てから動いた方が、コストや時間、根本的な解決につながるかもしれません。

 

散歩人しょーんでした。