はじめに

おはようございます!散歩人しょーんです。

 

過去に一緒に働いていた方を思い出し、そこでのコミュニケーションの気づき「ポジティブ思考はプロジェクトを変える」についてご紹介させていただきます。

どのような人か

あるチームで仕事をしていました。Aさんはその中で一番下の職位の女性の方でした。

Aさんはどんな方かと言うと、、

【ルーズな人?】

・依頼を忘れやすい

・返信が遅い

・期限意識が甘い

・たまに遅れてくる

【明るい人】

・言いたいことを素直に言う

・仕事とは関係ない話しをいきなりする

・何を言われてもあっけらかんとしている

・相手が関心のあるプライベートの質問をどんどんする

・とにかく他者を褒める。その人がいないところでもどんどん褒める

チーム状況の変化

・はじめ、Aさんと仕事をするようになったとき、依頼を忘れやすかったり、仕事をずるずる後ろ倒しにしたりするなど、ずぼらな方なのかなーとネガティブな気持ちを持っていました。

・みなが忙しい中で仕事とは関係ない話を嬉しそうにしているのを見て、「なんてのんきな、、」という気持ちもありました。

 

・ただ、みなが業務多忙でしんどくなっていたときも、にこにこしながら変わらず相手が関心を持つようなプライベートな質問をしたり、いつも笑顔で嬉しそうにしていたりするので、次第に場の空気が明るく変わっていった。

・仕事で場が暗くなっているときも、Aさんが来ると、みな笑顔になり、お互いにプライベートな話しをするようになった。

・みながパソコンをにらみながら黙々と作業をしているときも、Aさんが来ると空気が変わる。一気に職場に色が入るような雰囲気になったのです。

・なごやかにみなで世間話をした後で、お互いに仕事の話題についても「そういえば、あれは〇〇だから」のように、情報伝達のきっかけができるようになったのです。

感想

最初は思い込みにより、Aさんにネガティブな印象を持っていました。

しかし、Aさんの存在により、チームやグループがどんどん明かるくなっている事実に気づきました。

そのことがチーム全体のコミュニケーションの質までに影響し、お互いに仕事に係る情報の伝達も円滑になり、いい仕事につながるようになっていったのです。結果、プロジェクトは成功を収めます。

 

このことをAさんが意識してやっていたのかは今になっては分かりませんが、Aさんの存在はチームに大きな貢献をしていたことに気づきました。

私も自分の思い込みの強さに恥ずかしくなるとの同時に、Aさんの存在に感謝があふれてきました。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

今回は職場における私のチームの体験談をご紹介さぜていただきました。

 

人には得意・不得意があります。

家族にも役割があるのと同様に、仕事のチーム内においても様々な役割があるのだと思います。

自分の持つ物差しのみで判断せずに、みなお互いに違うことを理解することが重要であると、そう思いました。

 

また、Aさんがしていたように、

・常に笑顔でポジティブ

・相手に関心を持つこと

・本人がいないところで人を褒める

 

これらは魔法の行動で、上司をも変えることができ、チーム全体のパフォーマンスを変える無限の強さがあると、そう思いました。

私もこの偉大なチームメンバーAさんに見習って、コミュニケーションを変革したい、そう思ったの覚えています。

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

今日1日もみなさんがすてきな1日を過ごせますように。

散歩人しょーんでした。

本日のブロガソン結果

・起きた時間:04:10

・ブログを書いた時間:05:05~05:28(23分)

・ランニングした時間:今日は雨のためお休み

・朝の体重:64.0kg