はじめに

おはようございます!散歩人しょーんです。

 

私は小学生のことからMr.childrenが大好きで、今でもMr.childrenの曲を聞いています。

 

最近、ブログを始めてみたり、さまざま行動を開始し始めようとしておりますが、その行動のきっかけとなったMr.childrenの曲があります。

Fanfareという曲です。

Fanfareは、映画ONE PIECEの主題歌にもなり、ONE PIECEとMr.childrenが大好きな私にとっては本当に幸せな曲でした。

ご参考:One Piece Strong World Theme Song: Mr Children – Fanfare

 

今回はfanfareの歌詞について一部の紹介と、その歌詞で私なりに受け取った内容についてご紹介させてさせていただけたらと思います。

Mr.children fanfareの歌詞 解釈

Fanfareの歌詞のうち、私が特に刺さった歌詞を引用し、私の解釈を下に記載させていただきます。
悔やんだって後の祭り もう昨日に手を振ろう
さあ旅立ちの時は今 重たく沈んだ錨を上げ
→しょーん解釈
 後悔したって過去は戻らない。だからもう振り返らない。
 今までずっと動けないでいた自分から、今、再出発をするんだ。
まるで袋のネズミ 自分で自分を追い込んでた
さあ 旅立ちの時は今 重たく沈んだ錨を上げ
悔やんだって後の祭り もう昨日に手を振ろう
さあ 旅立ちの時は今 風を呼んででかい帆を張れ
→しょーん解釈
 今まで感じていた苦しさは、実は、自分が自分を苦しめていたことに気づいた
 今までずっと動けないでいた自分から、今、再出発をするんだ。
 後悔したって過去は戻らない。だからもう振り返らない。
 胸をはって大きく、今、再出発をするんだ。

ちょっと待ってと言われたって
どっち行くんだと問われたって
答えはいつも風の中にあるんでしたっけ
きっと今日もあなたの瞳で 僕も知らない新しい僕は
くるくる旅をしてる Oh
いつか誰もが大人になって ちゃっかりした大人になって
失った宝物 探しに行こう

→しょーん解釈
 例え、後ろで誰かに止められたり、ネガティブな言葉を投げられたとしても、
 もう自分は影響を受けたりはしない。
 「私はこういう人間」なんていうものはなく、自分が行動していくことで、
 自分自身は常に変化・成長していくものなんだ。
 みな大人になって、いつの間にか自分が大切にしてきた夢を捨ててきてしまったけど、
 今度はちゃっかりした大人になって、かつて子ども時代に夢を持って生きていたように、
 今、自分も夢を追って動いていこう

おわりに

いかがでしたでしょうか。

今回はMr.childrenのFanfareの歌詞の引用と、私の解釈をご紹介させていただきました。

 

fanfareはとても元気な曲、歌詞なので、ぜひ歌詞を見ながら、Youtubeなどで動画を見ていただくことをお勧めします。

特に以下の動画だと、独立前のナオト・インティライミさんがコーラスで歌っている姿を見ることができます。

(ナオトさんは独立前、Mr.childrenのバックコーラスとして活躍されていました)

こちらMr. Children Fanfare Live.mp4

 

私がMr.ChildrenのFanfareの歌詞から学ぶこと

・過去はもう見ない。

・今、行動する

・夢を追っていく

おまけ おじさんたちの夢 短歌

昔、こんな短歌を聞いたことがあります。

おじさんはね 夢を無くしたんじゃない

夢を殺したんだよ 桜陰のお嬢さん方

電車の中で、「大人って夢がなくていやだよねー」なんて話している女子高生の会話が聞こえて来て、

短歌を作った中年サラリーマン短歌のようです。

 

もう今日からその世界は止めにしましょう。

私は今、短歌を作り直ります。

 

『おじさんは 夢に生きるよこれからは

重たく沈んだ錨を上げて』

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

今日1日もみなさんがすてきな1日を過ごせますように。

散歩人しょーんでした。