以下に概要のみ記載します(後日文章を記載予定です)

 

●背景

・ある年齢になると、住居を賃貸にするか、持ち家にするか選択を迫られることがある(住宅ローンの年齢制限もあるため)

・最近シェアリングエコノミー(共通の資産を複数人で共有して使用)の文化が浸透して来ている

・最近シェアハウスが若者のみならず、30代以降の社会人にも人気が出始めて来ている

 

●理由

・近年では資産のシェアに係る抵抗力が下がりはじめ、高額なものは保持せず、必要なときだけ使用してレンタル料を支払った方が合理的だとみなされて来ている

・人口の都市集中、核家族化がさらに進んだ独身化により、あらたなリアルのコミュニティが必要となって来ており、シェアハウスがその代替の一つとなっているかも知れない

・近年では国内においてもグローバル化、ダイバシティが進み、シェアハウスがさまざま種類の友人を見つける手っ取り早い手段となっている

 

●結論

都市集中、独身化が止められない昨今においては、地域社会は分解し、個人の好みにより再結合しつつある。シェアハウスはその一つの受け皿になって発展を遂げる可能性がある。