概要のみ以下に記載します(後日文章を記載予定です)

 

●背景

・昔、人を満足させるものはお金や食べものなどの”物質的なモノ”であったが、近年は変わってきている

・近年の日本は豊かになって来ており、モノ以外に時間とお金を使えるようになって来た

・近年の日本は都市化、個人主義化、独身化して来ている

 

●理由

・近年の孤独化されている社会だからこそ、新たなコミュニティが必要になってきている

・インターネットやSNSが発達し、気軽に人とつながれるようになって来ている

・モノに満たされている近年では、人が求めるものはモノから、より高次な”人からの承認”、”愛のある関係性”などなどに進化して来ている

 

●結論

人はもともと関係性の中で生活する生きモノであり、新たな環境・ツールを使いながらも原点回帰して来ている。

こちらも21世紀、令和時代の共同体(コミュニティ)とは?合わせてご覧ください。