はじめに

おはようございます!散歩人しょーんです。

 

2019年6月2日(日)に横浜開港祭花火2019を見に行って来ました。

横浜開港160周年を迎えると言うことで、横浜にとっては大きな節目の年、ひさびさに横浜のみなとみらい地区を訪れました。

 

実際に横浜開港祭花火2019を見に行ってみての私の感想をご紹介したいと思います。

横浜開港祭花火2019@山下公園 感想

・6月上旬の季節的に、真夏の花火と比較して気温が涼しく心地が良い。

・花火が上がるのは臨港パーク(パシフィコ横浜)付近。この辺りは打ち上げ場所に近いため、一帯が封鎖される。

・山下公園は空いてる。芝生が多いので結構スペースが空いている。

・ただ、山下公園からは花火が見えづらい。

└山下公園の臨港パーク寄りの芝生から見ましたが、目の前にある大さん橋ふ頭ビルが視界を遮って下の方が見えない。。

└よって、大さん橋ふ頭ビルよりも北側(臨港パーク)がおススメ!

今回、横浜開港祭花火2019に同行した旧友たち

今回は、友人夫婦3組(うち赤ちゃん一人)と、私の合計8人のグループになりました。

そのうち2組は結婚式を挙げてからまだ半年以内の新婚夫婦。

 

夫側の方は私の10年来の付き合いになる友人たちになりますが、

彼らの結婚後の変化について、勝手ながら記載します。

 

【私の旧友(夫側)の変化】

・雰囲気が優しくなっている

└結婚して奥様を気遣う生活になるからか、今までの”男”という雰囲気から、何か優しく親切な雰囲気に変わっています。

・他者貢献になっている

└今までは遊びに来るときはお互いにフラッと顔を出していた感じから、しっかりお土産を持ってきたりと行動が変化しています。(上からですみません(笑))

・視野が広がっている。行動範囲が広くなっている。

└普段、奥様と会話しているのか、今まで話題に挙がらなかったことを話すようになってきています。(例)紅茶専門店、薬草、ゴスペル、ヨガなど)

└今まで取らなかった行動を取るようになって来ています。ヨーロッパへ旅行へ行ったり、ディズニーランドのホテルに泊まったり、別の夫婦のご自宅を訪れたり。

 

このように結婚後に男性陣は変化していました。

やはり、奥様の力は偉大です。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

 

今回は横浜開港祭花火2019に加えて、私の旧友の男性陣の結婚6か月後の変化についてご紹介させていただきました。

 

私は横浜開港150周年の時に、会社の同僚たちとみなとみらいに遊びに来たことを覚えています。

それからもう10年が経ったことを思うと、なんとも不思議な気持ちがします。。

 

また、私の旧友たちとの関係が今もこうして守られ、こうして結婚後もお互いの家族を交えて、

芝生にレジャーシートを広げてくつろげることも感謝です。

 

昔、よく旧友たちと「いつか自分たちが結婚したら、お互いの家族も交えて遊びたいな」と話していました。

それが今、こうして実現していることは本当にありがたい限りです。

 

”友とぶどう酒は古いほど良し”という言葉がありますが、これからもお互いにどんどん経験という味わいを積み上げて、香り豊かな人間になっていきたいと思っています。

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

今日1日もみなさんがすてきな1日を過ごせますように。

 

散歩人しょーんでした。

本日のブロガソン結果

・起きた時間:05:00

・ブログを書いた時間:08:00~08:30(30分)

・ランニングした時間:05:40~06:10(30分)

・朝の体重:63.9kg